千葉の安い外構工事・エクステリアなら株式会社グローヴガーデンデザイン | 船橋・八千代・習志野

ウリン材について【こだわりのウッドデッキ】Part2


ウリン材の特徴とメリット

ウリンはインドネシア・マレーシア原産の木材です。
アイアンウッド、ビリアン、ボルネオなどの別名でも知られており、幅広い用途で活用されています。
最大の特徴は木材の中でも最高級と称される硬度です。
アイアンウッド=鉄の木と呼ばれることからも分かるとおり、木材とは思えないほどの頑丈さを誇ります。
そのため、家庭用建築だけではなく、公用の桟橋や遊歩道にも使われています。
さらに、耐久性の高さもウリンならではの特徴です。
一般的な木材の屋外耐用年数は10〜20年程度ですが、ウリンなら30年程度使えるほどの耐久性を持ち合わせています。
ウッドデッキのように長く設置したいインテリアにはウリンを選ぶと良いでしょう。
また、ウリンはメンテナンスフリーで使えることもメリットです。
ウリンには豊富なポリフェノールが含まれており、抗菌・防腐作用を備えています。
したがって、ウリンは薬剤処理やコーティング塗装などの加工をせずに、そのまま長く設置できます。
防虫作用もありますので、海辺に近いご家庭でも腐食を気にせず設置できて便利です。
これらの特徴をさらに高めてくれるのが、ウリンの耐用年数の長さです。
ウリンは耐久性に優れているので定期的なメンテナンスを必要とせず、そのまま設置し続けても木材の劣化や浸食は起こりません。
そのため、一度設置したウッドデッキなどを長く使い続けたい方に向いています。
このように様々なメリットがあるため、家庭向けのウッドデッキにはウリン材がオススメです。
使い続けるうちに独特の風味が出てくることが木材の魅力ですから、長く使いこなせるウリンを選んでみてください。


ウリン材のデメリット

利便性に優れるウリンですが、デメリットもいくつか存在します。
その中のひとつとしては、他の木材と比べるとやや価格が高いことです。
スギなどのソフトウッドなら、安価に調達できるのでウリンは若干割高感があります。
しかし、耐用年数で比較するとウリンはソフトウッドの2〜3倍程度ですから、トータル的なコストパフォーマンスは悪くありません。
むしろ、長い期間メンテナンスフリーで設置できるウリンの方が、初期費用が掛かったとしても費用対効果は高くなるでしょう。
また、ウリンは超硬質木材なので、加工が難しいのもデメリットです。
そのため、自作のDIYなどには向いておらず、専門の知識やノウハウを持った業者に依頼する方が無難です。
加工だけではなく取り扱いに慣れていないと失敗の原因になってしまいますので、ウリンを使ったインテリアを考えているなら専門業者に相談してみましょう。